オープンしたての勢いと接客レベルが高いmilkyに行ってきた

八王子

セクキャバは、ルックスが良いだとか、バストサイズが大きいってことに越したことはないですが、僕の中で一番大事なポイントは、たくさん話せて盛り上がれて、楽しいお酒を飲めるかどうかってこと。
八王子エリアでノリがよくて楽しく飲めると評判が高い「milky」が気になったので入ってきました。

milkyはオープンしたてで勢いのあるセクキャバ

10月25日にグランドオープンしたてということもあって、お店の前にひとがいたのでこちらから声をかけ、軽く説明を受けてドキドキの入店です。
姿勢がビシッと正しく、言葉づかいも丁寧で分かりやすい説明は好感を持てます。
スタッフの教育レベルが行き届いているお店は、女の子の接客レベルが高いという自分の中の法則があるので、期待が持てました。
オープンしたてなこともあって、内装はめちゃくちゃ新しく綺麗でおしゃれ。

二人掛けのボックスのようなソファ席に案内されて、ドキドキしながら女の子の登場を待ちます。
初入店のお店はフリーで楽しむポリシーがあるため、今回も指名はなし
席についてしばらくすると明らかに肌にピチピチ感のあるカワイイ感じの女の子が登場です。
フリーの初客にこのレベルの女の子を回してくれるとは、なかなかの期待を感じさせてくれるセクキャバという印象。

オープンしたてだからこそ、出し惜しみなく勢いをそのままにサービスを提供してくれるのかなって感じで、まだ女の子と対面しただけなのに下半身がムズムズしてしちゃいました。

出し惜しみなし!レベルが高い女の子がテンションの高い接客をしてくれる

見た目のピチピチどおり、挨拶もそこそこに年齢を聞いてみると、20代になりたてらしく、まだまだ自分の目も衰えていないことを実感。
宣伝では某有名アイドルグループのセンタークラス、他店在籍ならNo1レベルが多数在籍と謳っているだけあって、ルックスもスタイルもレベルが高めです。

こういうのって本当に嘘が多いし、逆に宣伝通りでも接客態度がめちゃくちゃ悪くて地雷なパターンが多いんですが、milkyは全くそんなことありませんでした
ある意味で都心の繁華街にあるセクキャバに行くよりも、八王子のような郊外エリアの方がハズレがないんかないか?
と思えてくるほどです。
八王子のあるある話をしてくれたり、お互いの仕事の話や、ライフスタイルの話なんかでめちゃくちゃ盛り上げてくれました。

トークばかりではなく、エロサービスも忘れずにしてくれて、基本はとにかく体を密着させてくれて常にスキンシップを取ってくるようなスタイル
吐く息が肌に触れるような調子近距離での接客スタイルは、おじさんの心をドキドキとさせるには十分すぎました。
心ばかりではなく、もちろん下半身もバッキバキ状態。
おっぱいモミモミにも全く抵抗する様子はなく、むしろ向こうはモミモミに対抗するように太ももを手でスリスリとしてきたり、足をももの上に乗せてグリグリと刺激を与えて反撃してきます。

自分が気持ち良いだけじゃ我慢できないからというこういう姿勢はセクキャバ嬢としては最高ですね。
ミニスカートから覗く太ももは細すぎず、太すぎずで興奮を高めてくれる最高のフォルム。
しかも程よく弾力があって、ある意味でおっぱいを揉んでいるよりも気持ちよさを感じました。
何と言ってもスベスベ感がハンパない!

脚って意外と手を抜きがちな部位だと思うんですが、相手をしてくれた女の子の脚はスベスベのもっちもち。
こういうお店で触れた瞬間に毛の処理が雑で「ザラザラ感」があったり、スキンケア不足で「カサカサ感」が感じられると、男って一気に萎えちゃうものですよね?
細かいと言われるかもしれませんが、意外と僕はそういうところを気にするタイプなので、今回の女の子は本当に当たりでした。
1セット中に2度ほどドリンクをおねだりされましたが、トークもエロサービスもレベルが高かったし、キャストドリンク代も高くはないので、快くOKしました。

名残り惜しさもあったものの、指名が入ったらしく途中でバイバイということになりました。
まだオープンしたてで、働いている回数もそこそこだろうにもう指名するお客さんをつけるなんてさすがです。
あの接客じゃ、誰でも次に来た時には指名するだろうなと納得しちゃいました。

黒髪セミロングが似合う体育会系女子

一人目の文句のつけようがない最高レベルの接客の余韻を楽しんでいたのもつかの間。
二人目の女の子が登場です。
ルックスはセミロングで黒髪が似合う笑顔がめちゃくちゃ爽やかな体育会系女子といった感じの女の子です。
スタイルはスレンダーながら、推定Dカップほどのバストと十分な見た目

バストサイズよりも目を引いたのは、デコルテの美しさ。
ハリがあって、丁度よいくらいの小麦色をしていて、ちょっと筋肉も感じられる健康的なデコルテと胸の谷間に目を奪われてしまいました。
一人目の女の子は、良くも悪くもキャバクラなどの夜のお店にはいそうなルックスでしたが、今回の女の子は普通に大学生やOLさんでもやっていそうな良い意味で場違いさを感じるルックスでした。
一人目と二人目のルックスとキャラクターが違った女の子を初来店のフリー客にあててくれるということは、相当にバラエティに富んだ女性キャストが揃っているお店なんだろうなと感心します。

名刺をもらいとびっくりの笑顔で挨拶をしてくれます。
その笑顔のまぶしいことまぶしいこと。
あまりの爽やかさにスケベなアクションは一切起こしてはいけないのでは?
なんて自制心が働いてしまうほどの爽やかさです。

一人目の女の子と同じでこの子も20代になりたてのピチピチ
ルックスのイメージとは違い、スポーツ歴は全くなく、ずっと文化部だったというのには驚きました。
ただし趣味でヨガとスポーツジムに通っているらしく、健康的な肉体はその賜物なんだと納得です。
一人目もそうですが、このお店の女の子たちはおしゃべり上手でした。

こちらが話しやすいようにネタを振るタイミングや掘り下げ方が丁度よい感じで、沈黙が起きないように自分のことも質問をしなくてもちゃんと話をしてくれます。
後から振り返ると、会話をちゃんとキャッチボールしている感があるから楽しいって感じたんだなと改めて接客レベルの高い子が多かったことに驚いたほどです。
会話が楽しいからドリンクのおねだりにも、もちろん応じてしまいます。
清楚系のルックスの女の子はこの手のお店ではめっちゃ希少だという持論があるため、場内指名もしちゃいました。

「ずっといてもいいの?」なんて上目遣いで質問してくる表情も何とも言えないくらいにカワイイです。
「もちろんいいよ!」と答えると「ありがとう。乗ってもいい?」と聞いてきました。
一人目の女の子は会話の流れとその場のノリで勝手に体を密着してきてくれたんですが、いちいちこうやって質問されるのも悪くないもんですね。

一人目のように自然な流れで迫られるのもリードされているようで興奮するし、楽なことは楽なんだけど、どうもこなれている感じがするのはデメリットですよね。
その点、いちいち聞いてこられると疲れてるときなんかはわずらわしく思えたりするものですが、気持ちに余裕があるときには新鮮さを感じて可愛さ倍増って感じになるのは不思議です。

一人目は太ももの上に綺麗な脚を乗せてスリスリ&グリグリしてくるといったサービスでしたが、今回の乗り方は対面座位スタイルで完全に密着してくれました。
清楚系のルックスなのにあまりの大胆アクションに正直度肝を抜かれっぱなしの僕です。
首の後ろを両手でホールドされ、興奮もマックスになる僕の股間は完全にテントを張っちゃってます。
気づいているのか気づいていないのか、小刻みに腰をグラインドさせる女の子

倒れないように腰に腕を回すと、これがまためちゃくちゃ細い。
それでいておっぱいは手の平からちょうどはみ出すくらいの程よいサイズ。
揉みしだくたびに指を弾いてくる弾力のあるおっぱい!
揉み心地は最高レベルです。

乳首をくりくりすると「は‥あ‥う~ん」なんて控えめな声を出してくれる。
感じ方もカワイイし、気持ちよがる表情も何とも言えないくらいに興奮を誘ってくれます。
キスにも積極的で、熱烈なキスと最高レベルの弾力おっぱいを揉みしだきました。
夢のようなひと時を楽しんでいると、1セット終了のお知らせが…。

対面座位状態の女の子が耳元で「もうちょっと一緒にいたいな~」とねだってきます。
こんなおねだりをされちゃったら、延長しないと男が廃るってもんです。
もちろん延長させてもらいます。

思わずしちゃった延長戦でも爆発寸前のエロ接客が!

延長戦突入で「また乗っちゃってもいい?」と聞いていたので今度は「乗るだけでいいの?他にお願いしてもいいんだよ?」と質問を返してみます。

「本当になんでもいいの?シャンパン飲みたいとか…」と遠慮がちに聞いてくる女の子。
「いいよ!一緒に乾杯しよっか?」と僕。

何でもおねだりしてもいいよといった手間、ダメとは言えなくなってしまったんですが、「本当に?うれしいー!」と最高の笑顔を見せてくれたので、その笑顔だけで満足なんです。

ボーイさんに注文をして派手にオープンしてもらいます。
「写真撮ってもいいですかー?」と抱き着いた状態でシャンパン様とのスリーショットを撮影され、満足そうな女の子。
乾杯して一口飲んだら、自然に対面座位状態のポジションを取られ、「特別だよー」と言いながら口移しでのシャンパンサービス。
「女の子のおねだりには乗っかってみるもんだなー」とサービスに積極的になった女の子を見て実感する僕。
心なしか胸を突き出し、おっぱいを触ってと言わんばかりの淫乱モードに突入したようにも思えてきます。

スタイル抜群、顔は清楚系なのにサービスはドエロ!こりゃ言うことありませんな。
会話に関してもこちらの言うことに共感してくれるし、「それ、好きー」と好き好き攻撃も増えました。
営業トークとは分かっていても、「好き」と好意を告げられることや、褒められるってことは悪い気はしませんよね。
キスとハグ、おっぱい揉みなどのセクハラプレイをしつつの褒め殺しっていうのは、男としては、かなり満足できる贅沢な時間と思いました。

肉体的には暴発寸前という感じなのですが、精神的には50回以上はこの時点でイッちゃってる感じです。
調子に乗って「乳首がヤバイくらいに感じるんだよねー」とM男発言をすると、積極的にくりくりと責めてきてくれます。
「どこかな~」なんて言いながら、笑顔での乳首当てゲームも敢行
若かりし頃のイチャイチャタイムがとにかく長い青くさい恋愛をしていた時代を思い出しました。

こちらの要求には応えてくれるし、なんでもアリなのかな~と思って下半身へと手を伸ばしてみると、「そこはダメぇ」とがっちりガードされてしまいました。
さすがにNG行為までは認めてくれないなと残念な気持ちにはなったものの、冷静に考えるとそもそもセクキャバとはそういうお店なんで行き過ぎた要求をしたこちらが悪いと反省しきりです。

それでもNG行為をしようとしたことを謝ると、そんなことがなかったかのようにイチャイチャタイムを再開してくれた女の子は、本当に性格が良い子だなと思いました。
行き過ぎたサービスを要求すると、ボーイさんを呼ばれて「はい、さようなら~」ってパターンになるか、その後は女の子の機嫌が悪くなって接客が雑になったりするもんですよね。

そんなことが一切なかったのは、milkyの女の子のレベルが高い証拠だと思います。
楽しい時間はすぐに過ぎてしまうもの。
イチャイチャタイムを楽しんでいる最中に再び「お時間になりますが…」とボーイさんの現実に引き戻す一言がやってきます。
あまりに楽しい時間だったので、もう一度延長するか迷いましたが、これ以上のイチャイチャでヌキなしタイムというのは、生理的に身体によさそうではなかったので帰ることにしました。

性欲的にアウトなくらいに興奮できるセクキャバ

下半身へのタッチ等は禁止になっているものの、おっぱい&キスを楽しみながら、ワイワイイチャイチャを楽しむには最高レベルのお店だと思います。
ただヌキは当然になしなので、下半身のお預け感がハンパなく、その後に別のお店に行ってヌイてもらわないと気が済まないくらいに気分が盛り上がってしまうのが難点ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました