全くエロ感がない小作で見つけたエロい店姫(Hime)が楽しかった

小作

最近の夜のトレンドは郊外。
しかも都内では西東京エリアが熱くなっているというもっぱらの噂になっており、夜遊びがいくつになっても辞められないダメオヤジとしては、波に乗らねばという訳の分からない義務感に駆られ、遊びに行くことにしました。
今回目をつけたのは、マニアック中のマニアック

青梅線沿いにある「小作駅」に立地している姫(Hime)小作というお店。
いちゃキャバというカテゴリですが、どうしてもいちゃキャバというとセクキャバよりも制限があって、サービスがソフトすぎるというイメージがありますよね。
各いう僕もそういった固定概念を持っていたのですが、お店の宣伝では酒池肉林の未体験
ゾーン、トップクラスの素人娘が勢ぞろい。

いい意味で従来のいちゃキャバの概念を覆すハイクオリティのお店という強気の宣伝文句にどうにか確かめたくなってしまい、小作へ新規開拓に行ってきました。

刺激がなさそうなエリアに唯一ある高級感溢れるお店

小作駅から徒歩で数分といった駅チカに姫(Hime)小作があります。
入口に立っている男性店員に声をかけ、すぐに遊べることを確認して店内へと案内されます。

40分6000円のところ、割引クーポンが利用でき、1500円という驚きの価格になりました。
これははっきり言って割引の域を通り越しているレベル
小作まで遠征した甲斐があったというものです。
いちゃキャバであるということの説明を受けて席へと案内されます。

店内は、黒と白の壁紙でお店の中央の天井にはシャンデリアのようなミラーボールのようなキラキラとした巨大な装飾がなされており、夜のお店という雰囲気が満点です。
入口手間にボックス席のようなものが4つほどあり、奥側には丸テーブルのカップル席のような席が4つほど置かれており、ついたてなどはなく非常にオープンなスペースが広がっていました。
ちょっと高級感のある普通のキャバクラといった感じの内装です。
ビールを注文して、女の子の到着を待ちます。

ミステリアスな雰囲気のある地元っ子Fちゃん

「こんばんは。」とちょっと低めのトーンで挨拶をしてくる方向を見ると、見事に金髪に頭を染めた女の子が立っています。
瞳が大きく、肌は真っ白。

カラコンを入れており、瞳の色はグリーンでした。
パーツは全体的に整っており、美人なのですが、どこかミステリアスな雰囲気を持った「不思議ちゃん」といった感じのFちゃん。
「このお店は初めてですか?」
「うん。今日初めて遊びに来たよ。」
「小作に住んでる人ですか?」
「いや、住まいも仕事も全然違うとこだよ。」
「出張かなんかですか?」
「小作にいいお店があるって聞いてここに遊びに来たんだよ。」
こんなやり取りで会話がスタートしました。

普段は地元民の利用がほとんどで、お客さんは「いつも同じ顔」ならしく、知らない僕がいたので驚いたようです。
夜の遊びが大好きで新規開拓をするのが趣味みたいなものだということを説明します。
「もっと吉祥寺とか八王子とか郊外でもいいお店ってあるんじゃないですか?」

「いやー、知るひとぞ知るってところが良いんだよね。マニアックなんだよ、俺は。」
というと、マニアック趣味という共通点に共鳴したのか表情が明るくなり、次々と趣味のオンラインゲームやアニメの話をしてくれるFちゃんです。

「Fちゃんは小作が地元?」
「はい。昼職してたんですけど、人間関係が嫌で辞めちゃってしばらく引きこもりしてましたw」

うーん。
笑っていいのか悪いのか、リアクションに困る展開です。
年齢は23歳で半年ほど引きこもり生活をしていたというFちゃん。
資金が底をつき、そろそろ何かして稼がなければということで姫で働くことを決めたということらしい。

なるほど長年引きこもり外に出ることもほとんどなかったということで、肌の異様な白さは納得できました。
「なんでセクキャバで働こうとしたの?エッチなことされるのに抵抗ない?」
「うーん、エッチなことって言っても最後までじゃないし、お酒が飲めるから好き。」
引きこもりをしながらもオンラインゲームをしながらお酒を楽しんでいたそう。
「そんな生活うらやましいなー。でもすぐにお金なくなっちゃうよね?」
「そうなんですよ。だからお酒も飲めてお金も稼げるこの仕事がいいと思って。」
話の流れから奢らなければ申し訳なくなってしまい、ドリンクをオーダーしてあげます。
サワーを頼み、僕はビールで乾杯。
本当においしそうにサワーを飲む彼女の飲みっぷりに惚れてしまいます。

「お酒はどんなの好きなの?やっぱりサワー系?」
「日本酒でもウイスキーでも焼酎でもOKだよ」
「アルコールなら何でもいけちゃう感じなの?w」
「酔えればなんでもいいんだよねーw酔っ払ってる感じって気持ちよくない?」

お酒が入ったことで口が滑らかになり、どんどんと会話が進みます。
「今、彼氏とかいないの?」
「いるわけないじゃんw半年間引きこもってたんだよ、ウチ」

「一人で家にいるだけじゃ性欲とか溜まらない?」
「うーんwたまにシタくなるときはあるかもw」
「今日はシタくならない?w」
「ちょっとシタいかもw」
しばらく対人コミュケーションをしていなかったからなのか、恥ずかしい質問をすると挙動が不審になるFちゃん
イジってて楽しい女の子です。

やらしい話に展開したことで、彼女の腰に手を回し、こちらに引き寄せて密着します。
彼女の温かい体温と髪の毛の香りを感じながら、おっぱいを揉んでみます。
大きすぎず、かといって小さくもない丁度良いサイズ感のおっぱい。
服の上からでも程よい柔らかさと弾力を感じます。

「嫌じゃない?」と聞いてみると、「大丈夫だよw気持ちいいかもw」とまた挙動が一瞬不審になります。
顔を近づけてみると、Fちゃんの方からキスをしてきてくれます。
「え?キスしてもいいの?」
「うん。大丈夫だよ」

その後は着衣状態ではあるものの、おっぱいを刺激しながらもキスをしまくりました。
彼女の息遣いがどんどん荒くなり、遠慮がちな喘ぎ声も漏れるようになってきます。
トロンとした表情でこちらを見つめるFちゃん。
このまま押し倒してしまいたいくらいにカワイイ表情を見せるFちゃんにオッサンメロメロです。

「勿体ないから彼氏作りなよ」
「えー、引きこもりだからムリだよー」
「でもさっきのキスとか気持ちよかっただろ?」

「うん、気持ちよかった。でも付き合うとかいろいろめんどそーだから毎日ウチのお店通ってよ」
とんでもない発想を持っている女の子です。
思わず爆笑してしまい、すっかりエロイことを続けようとする欲求がなくなってしまいました。

お酒とセクキャバと空調が効いているパソコンルームがあれば何もいらないのだというFちゃん。
最近の男女は付き合うとかそういうのはどうでもいいんでしょうかね。
全く価値観が違っている年代とのコミュニケーションはとても楽しい時間でした。
交代の時間が来たので連絡先が掛かれた名刺をもらい、Fちゃんとはバイバイします。

セミロング巨乳お姉さんHちゃん

次に登場したのは打って変わってコミュニケーション慣れしてしそうなどこかベテラン臭さえ漂うお姉さんタイプのHちゃん。
髪の毛は程よい茶色のセミロング。
井上和◎を思わせるようなアヒル系の顔立ちとぷっくりとした唇。

そして何より視線が集中してしまう胸元の盛り上がり。
着衣状態でも巨乳であることが分かります。
「井上和◎に似てるって言われない?」
「それよく言われるんですよね。あんなに綺麗でかわいくないのにw」
あしらい方も上手です。
大人の女の余裕ってものを感じます。

視線はおっぱいに集中してしまっているため、こちらの「早く触りたい」という下心を完全に見透かされている模様。
「とりあえず何か飲みましょっか?」とドリンクをオーダーしてあげます。
この手のお姉さんタイプの女の子には、セコイ客と思われるとサービスが塩対応になるリスクがあるからです。

百戦錬磨という感じの雰囲気だったし、こちらは毎回通えるような距離に活動範囲がないので、今夜の一期一会を逃すと苦い思い出だけが残ってしまいます。
こちらはビール、Hちゃんはカクテルをオーダーしてカチンとカンパイ。
ありきたりの質問ですが、どうしてこの手のお店で働いているのかという質問から投げかけてみました。
実は長年付き合っている彼氏がいるらしいのですが、最近は一緒にいても寂しさが埋められることなく悩んでいるということでした。

「この手のお店で働くことに反対されたりしなかったの?」
「稼げればどこでもいんじゃない?って言われるんです。はっきり言って無関心なんですよね。もう異性として見られていないっていうか」と主婦のような悩みを告白してきます。
「一瞬ホストクラブで遊び倒そうかなとも思ったんですけど、お金が続かないと思ったし、散財するのには抵抗があるから。セクキャバなら稼げるし、男の人とも出会えるでしょ?」

こんなにおっぱいが大きいナイスバディのグラドルのような女の子をいくら長年付き合いがあるとはいえ、女として枯れさせているなんて言語道断です。
彼女の腰に手を回し、密着させるように抱き寄せます。
顔を近づけてじっとしばらく見つめた後、「やっぱりHちゃんは綺麗だよ」と言ってみます。
あからさまな誉め言葉にキョトンとした表情をするHちゃん。

それでもめげずに「本当に綺麗だよ。Hちゃんは綺麗だ」と真剣な表情を変えずに繰り返すと、彼女の表情に変化が表れてきました。
白い肌が桃色に染まっていくのが分かります。
顔を接近させると目を閉じて顔を近づけてくれます。

そのまま肉厚な唇に吸い付くと、下唇を挟むようにしながらぺろぺろと唇を刺激してあげます。
一度唇を離し、一度見つめ合ってからもう一度キスをします。
今度はいやらしく舌を絡めてくる情熱的なキスをしてくれるHちゃん。
彼氏に頭の中で謝罪をしながら、それでも女としての寂しさを味あわせてしまっているお前が悪いのだと自分を正当化しつつ、唇を堪能しました。

耳元に唇をあてながら、右手でおっぱいを揉んでみます。
ずっしりとした感触のバストは、手からあふれ出るほどの大きさです。

ハリがある中で柔らかさがあり、理想のおっぱいであることが衣服ごしでも伝わってきます。
下から揉み上げ、バストトップをコリコリと刺激しながらも、再び唇を重ね合わせて彼欠けている彼女に潤いを取り戻してあげようとする僕。
息づかいはどんどん荒くなっていき、心臓の鼓動が早くなるのも手を通じて伝わってきます。
僕の下半身のジュニアもカッチンコチン状態

Hちゃんもお礼にとばかりにジュニアを手でサワサワと触って刺激してくれます。
「ん、はぁ、あっ」と彼女の悶える声が漏れると更に興奮が高まりました。
通常のいちゃキャバでは禁止されているアクションも、ここでは女の子がOKなら認められる模様です。
Hちゃんの場合、下半身のタッチは着衣の上からならOKらしく、自ら手を取って股間へと僕の手を誘導してくれます。

片手でバスト、片手はあそこ。
ぷっくりとしたアヒル口と唇を重ねてディープキスを堪能していると、本当にエッチなことをしている気分になるのが不思議です。
セクキャバやいちゃキャバは、サービスがソフトすぎて満足できないという人も多いと思いますが、駆け引きだったり、女の子を落とすのが楽しいという人や、どうやって大胆なアクションを起こさせるかといったことを楽しみたい僕のような人間には刺激的な営業スタイルだと思います。

裸になってしまえばやることはほぼ一緒ですから、逆にそっちの方がそっけないというか興奮できない年代に入ってしまったのかもしれませんね。
刺激に飢えているHちゃんは延長戦を望んでいたようですが、泊まるわけにも行かないので、Hちゃんとの再会の約束をして、お店を後にしました。

小作という刺激に無縁そうなエリアにある超刺激的なお店が姫(Hime)

姫(Hime)小作は、小作という西東京の知る人ぞ知る刺激には無縁のようなベッドタウンのような街にあるオアシスのようないちゃキャバだと評価できます。
初回来店のみのクーポンも利用できますし、在籍している女性キャストは、キャラクターが立っていて会話をしているだけでも楽しめること間違いなしだと思いました。
エッチ系のサービスに関しても淡白な感じだったり、サバサバとした機械的なものではなく、情熱的なサービスをしてくれるので、僕としては満足できました。
毎回通える場所にはないので、小作近辺に用事があった際にはまた利用したいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました