パイナルファンタジーはふざけたパロディ店名だがサービスまでふざけっぱなし!

立川

東京の夜遊びシーンを盛り上げている立川。
中でもパイなるファンタジーという某有名ゲームをパロったネーミングが気になるお店が気になりました。
ネーミングはふざけているけれど、女の子のクオリティとサービスは、いたって真面目というセクキャバとして宣伝していますが、ホームページのキャストページを見てみると、かピパラやら猫やら、アンドレザジャイアントやら、市川◎子やらが掲載されており、リアルキャストの写真は一切なし

おーい!無茶苦茶ふざけとるやないかーい!」と思わず声に出してツッコミを入れてしまうほど舐めたホームページになっています。
こういったおふざけ満点のお店を見ると、逆にどんなお店なのか行きたくなってしまうのが僕の悪い癖。
店名のネタになっているゲームも相当にやり込みましたし、どんなものかチェックをしに行ってきましたよ。

男性スタッフはいたって真面目だった

立川に向かう途中、ネタ元のゲームのことを思い出し、干渉にふけっていました。
シリーズ5から7は最高に良かったなとか、当時インターネットなどの環境はまだまだ脆弱で、友達とクリアの早さを競ったり、レアアイテムのゲット方法を自慢し合ったりなんてことをしていたなと思い出します。
そんな昔に一緒に遊んでいた旧友のことを思い出し、今は何をしているんだろうかとノスタルジックな気分にさせられました。
上京したのをきっかけに地元の友人などとは一切連絡を取らなくなりましたからね。

そうこうしている内に立川駅に着き、南口を出て左方向へと向かいます。
牛角を左にみてそのまままっすぐ行くと、錦中央通りとぶつかります。
そこを右に曲がって一つ目の通りを左折すると、パイなるファンタジーが入っているゆうゆう館が見えてきます。
ビルの前に立つ男性に声をかけると、はきはきとした口調で答えてくれました。

名前はふざけていますが、男性スタッフはきっちりと教育されており、至って真面目でした。
通常は40分6000円のようでしたが、クーポンでコミコミ5000円で遊べることになり、お店の中に案内されます。
店内はピンサロのような作りです。
ブースがいくつか用意されていますが、しきいと呼べるような目隠しはなく、オープンに近い作りになっている内装です。

早い時間帯だったためかお客さんの入りはなく、視線は気になりませんでした。
ビールを注文し、一人目の女の子の登場を待ちます。

将来のお店のオープンを目指す健康的美少女Oちゃん

パイナルファンタジーのシステムは、ダウンタイムは一応設けてはあるものの、基本的にいつでもお触りしてもOKという緩いルールです。

ビールを飲んでいると、一人目のOちゃんが登場しました。
「こんばんはー。宜しくお願いしまーす。」と名刺を渡され挨拶をされます。
巨乳ではありませんが程よいサイズのバストの持ち主であることが分かります。
ただそれを補って余りあるルックスの良さが目をひきました。
若い女の子特有の肌のハリやツヤを感じさせます。
とにかく姿勢が良いのが気に入りました。

立ち姿はもちろん、座った時の姿勢も背筋がピンと伸びており、好印象を感じます。
「そういや、すごい店名だよね?」
「そうそう!みんな来るお客さんに言われるよ。」
「元ネタって知ってる?」
「入店したから一応調べて知ってはいるけど、ゲームはやったことないかな。」

別にゲーム好きな女の子ばかりを集めているお店というわけでもなく、女性キャストは至って普通でした。
コスプレなんかも期待しましたが、普通の格好をしています。
どうせならゲームの世界を作り上げたらいいのになとちょっと残念な気分になりました。

「ゲームとかしないのにどうしてこのお店で働くことになったの?」
「いやー、ちょっとお金が必要になってー」
「何?ホストに入れあげて借金しちゃったとか?w」
「いやいや、そんなんじゃないですよ」
よくよく話を聞くと、現在は昼職もやっているものの、身体を動かすのが好きでヨガ教室などのお店を出してインストラクター兼オーナーとしてお店を出したいという夢を持っているらしいキラキラ女子であることが分かりました。

こんな綺麗な女の子が手取り足取り教えてくれるジムならおじさんも通いたくなっちゃいます。
現在はヨガ教室などに通い、給料のほとんどを使っていろいろなことを指導してもらっているらしいです。
いつか本場のインドにも勉強に行って、本格的な知識を得てからオープンしたいという非常にまじめな女の子でした。
そんな子が店名もホームページもふざけきったこのお店で働いているのがおかしくて思わずプッと吹き出してしまいます。

「身体は柔らかいの?」
「柔らかい方だと思いますよw真面目にやってるんでw」
「それじゃちょっと見せてよ」
「えー、ここじゃ無理ですよ」
「こっちに足上げるだけでいいからさ」
彼女の生足を触り、こちらの足の上に乗せてみます。
動きがめちゃくちゃスムーズだったので、股関節が相当に柔らかいことが分かります。

生足をスリスリとしただけだったことを知ると、呆れた視線を向けてきますが、抵抗することもなく、温かくスベスベとした生足を堪能させてもらいました。
「いやー気持ちいなー、これで商売した方が儲かるんじゃないの?フットヨガとかいう名前でお店出してさーw」
あまり茶化して機嫌を損ねられても困るので、そこから身体を密着させてボディータッチをして刺激していきます。

彼女を抱き寄せ、膝の上に乗せてみますが、普段から運動している女性らしい筋肉質な良い感触が伝わってきました。
それでいて決してゴツイという感じではなく、女性的な柔らかさが残った健康的な肉体が服の上からでも分かります。
正面から改めて彼女をみると、綺麗な顔立ちなことを再確認できました。
まさしくキラキラ女子。

何か目標を持って頑張っている女性というのは、顔立ちもスタイルもキラキラと輝いているものですね。
ダウンタイム前からおっぱいを揉んだりしながら、イチャイチャとした時間を過ごせるのは、まさしくファンタジー体験だと思いましたが、そこら辺は普通のセクキャバとサービス内容は一緒です。
ダウンタイムに突入すると、生乳とご対面。
ドレスをまくりあげ、桜色の乳首とご対面できました。

手のひらではかくしきれないボリューム感満点のロケットおっぱいに大興奮です。
Oちゃんのスタイルは女性らしい曲線が見事に描かれており、本当に美しい身体だと感じました。
「本当に綺麗だね」と耳元で囁くて恥ずかしさをごまかすようにキスをしてくれました。
10本の指を使って、この女性らしい曲線を持つ身体を徹底的にフェザータッチして責めてみます。

背中の上部付近で「んー、んん」と強烈な反応を見せるOちゃん。
いじわるな表情を浮かべながら「どうかしたの?」と聞いてみると、「もーいじわるー!」と言いながらバストの谷間に顔をうずめるようにされてしまいます。
乳首には極力触れず、乳房を周回し、そのまま肩や腕、腰、ヒップなどを触っていきます。

太ももまでいったら、また同じ道をたどって乳房へ。
そこからお待たせしましたとばかりに乳首にしゃぶりつきます。
さんざん焦らされたからか、大きく身体をのけ反らせながら、「あ‥あーん」と気持ちよさそうな声を出して反応してくれました。
下半身はノータッチというルールなので、ギリギリ触れない部分を触ります。

服の上からから、彼女のあそこが蒸れ蒸れになっているのが分かります。
健康的な彼女の身体を十分に堪能させてもらいました。
こちらがタッチできないのを我慢していることに気が付いたのか、Oちゃんの方はカチカチになったジュニアを手でやさしく刺激してくれます。
この優しさだけで本当に満足できました。

しっかり者で一生懸命。
サービス精神も旺盛なOちゃんとのひと時はこうして過ぎていきました。
そうこうしている内に交代の時間です。
延長のおねだりなどはしてくることなく、割とあっさりと交代してしまったOちゃんにちょっとした寂しさを感じましたが、まぁこんなものかという感じです。

ゲーム大好き!会話もエロも最高なMちゃん

一人目のOちゃんと交代で登場したのは、Mちゃんです。
こちらもOちゃんと負けず劣らずの若さ溢れる女の子です。
タイプが違って健康的というよりも、色白でむっちりとしたカワイイ系のルックスの持ち主です。

こちらは柔らかそうな女性らしい丸みのあるボディの持ち主と思いました。
バストサイズは先ほどのOちゃんよりも大きめです。
「Mちゃんはゲームとかはやるの?」
「もちろんですよー!暇があったらスマホでもPCでのオンラインでもなんでもやっちゃいますよー。
はっきり言ってゲームジャンキーですね」
なかなかノリが良い女の子です。
Oちゃんのように将来的に目的があって真面目なキラキラ女子もいいですが、Mちゃんのようなその日を楽しく生きてますといった感じの女の子の方が接している方としては気楽でいいですね。

店名の元になっているゲームも全シリーズクリア済みというから驚きです。
こちらはシリーズ7まででプレイをするのをやめてしまったので、その後のゲームの内容がどういうものだったのかを彼女に聞いて盛り上がりました。
歴代のシリーズの中で一番好きな作品は、やっぱり7でしょという話になり、クラウドやセフィロスという有名キャラクターの魅力や、マテリアシステムの導入など、かなりマニアックなゲーム話ができるのは、かなり貴重な存在だと思います。
話が合うたびに嬉しそうに跳ねるMちゃんの胸元がボインボインと揺れるため、話に集中ができなくなり、いちいち凝視してしまうダメな僕です。

完全にFFでいうところのアルテマウエポンのような男殺しの肉体。
我慢できずに抱き寄せ、イチャイチャタイムをスタートさせました。
Oちゃんとは違い、女性らしい柔らかな感触。
ぷにょぷにょとしていて、腕や太ももの感触が心地よいです。

僕の股間にもイーフリートが召喚され、熱くたぎっているのが分かります。
Mちゃんもそれに気づいたようで、おそるおそるパンツ越しに手で刺激をしてくれます。
「イフリートが召喚されてカチカチになっちゃってるよ」
「石化破壊されないようにHP回復しなきゃ」

なんて完全にゲームの世界を知らない人間には、なんのことやらさっぱり分からないような話題を織り交ぜながらイチャイチャタイムを続けます。
そうこうしている内にダウンタイムに突入です。
ちょっとふくよかなMちゃんは、重量感があり膝の上に乗せている体制というのは、少々厳しい感じもしましたが、そこは我慢です。
ドレスをまくってみると、成長の果実が2つ実っていました。

形は良く、サイズはEくらいでしょうか。
ゲームばかりしている割には、たるんだ様子もなく、きっちりと上向きで実っており、マシュマロのような柔らかさです。
先ほどはフェザータッチでじらしましたが、もうずっとお預けを食らっている状態も同じだったので、一気におっぱいを揉みしだき、乳首にしゃぶりつきます。
おー生き返るー!これはエリクサーだよー」とまたゲームの話を持ち出してみると、あんあんと感じながらも、「なかなか使えないんだよねーエリクサー」と見事な返しネタをかぶせてきてくれました。

ふかふかとした柔らかな感触とゲームネタとのコラボレーションにすっかりと日頃のストレスを解消してもらった一夜でした。
そのまま石化してしまった下半身を触ってもらいつつ、マシュマロ果実を味わっていると終了の時間がやってきてしまいました。
最後にキスをしてもらい、まだねと再会を約束してお店を出ました。

店名から勝手にゲームコンセプトをイメージするとちょっと不満が残るかも

一人目はゲームを全くしない女の子でしたが、ルックスレベルが高く、サービス精神も満点で特にゲームの話題を出さなくても盛り上がることができました。
一方で二人目は、このお店にぴったりというくらいにゲーム知識に溢れた女の子だったので、なつかしさも感じることができ、マニアックなゲームの話題を楽しみたいという人には最高のキャラだと思います。
店名は単にパロっているだけで、コスプレやゲーム好きな女の子を集めましたというコンセプトではないようです。
このお店にそういったものを求めているのであれば、少々消化不良な感じを抱くかもしれませんが、「普通のセクキャバで遊ぶ」という考えで訪れるのであれば、十分に楽しめるセクキャバだと思います。

ルックスレベルやスタイルの良い子は揃っているし、十分に遊べるお店と評価できますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました