ナイトシーンは郊外が熱い!清瀬ハイスクールラバーズ

久米川・清瀬

都心のお店は、キャバクラだろうがセクキャバ、おっぱぶ、ピンサロだろうが、なんだか小慣れている接客をしてくる女の子が多くて、辟易としていたところです。
そんなときに目を付けたのが「郊外」!
都心の繁華街を離れ、郊外でも盛り上がっているスポットが意外と多いことに気が付き、巡ってみることにしました。

そこでとりあえず開発したいと思ったのが「清瀬」。
中でもハイスクールラバーズというセクキャバが女の子の質、サービス、料金の三拍子が揃っているということで利用してみることにしました。

メルマガ登録でよりお得に利用できる

清瀬駅の南口から出て埼玉方面へと足を進めると、踏切があり、それを渡って進むと大手某銀行がある隣の雑居ビルにハイスクールラバーズはありました。

水商売のお店が所せましと入っているため、すぐに分かる外観です。
最安4800円になりますが、メルマガ登録で利用できる割引クーポンでコミコミ4000円で利用できることになりました。
初来店であることと、フリーでの利用ということを店員に告げ、入店します。
箱面積としては広くはないものの、小綺麗にしている感じで雰囲気は悪くありません。

また、待合室が用意されているので混みあっている日や時間でも退屈はしなさそうです。
この日は平日の早い時間帯ということもあってか、待ち時間なしで案内してもらえました。

普通にカワイイTちゃん

最初に登場したTちゃんは、綺麗系ではないものの、目鼻立ちが良く普通に整った顔立ちなのでカワイイという表現がぴったりの女の子です。

リス科の小動物といったような雰囲気を持っていて、黒目の部分が大きく、キラキラと照明を反射していたのが印象的。
「初めましてTと言います」と丁寧な挨拶をし、名刺を手渡してくれました。
「この仕事は長いの?」と聞くと、「もう2年くらいやってますねー」とTちゃん。

「長いことやってるねー。この仕事一本で?」
「普通に昼職してますよー。掛け持ちです。」
「へー、その仕事もこの辺でやってるの?」

「いや、もっと都心の方です。」
「ふーん、でもなんでこっちでバイトしてるの?都心のこういうお店の方が稼げるんじゃない?」
「そうだけど、忙しいし、いろんなお客さんが来るし、基本副業禁止の昼職なんでー。顔バレ対策もあるかな~w」
「おー!いけない子だーw」

よくよく話を聞くと、Tちゃんのように普段は都心で働き、郊外で水商売などのバイトをしている女の子は多いということでした。
だから郊外でも普通にかわいい子が多くなってきて、郊外の飲み屋が盛り上がっているんだろうなと推測できます。
こんなことを話している内に照明が変わりダウンタームに突入です。
上に乗ってきてドレスを自らまくりあげてくれると、なかなか大きなサイズのおっぱいがボロンと出てきました。

たまらず揉みまくっていると、徐々に乳首が固くなっていきます。
片方を指先で刺激ながら、もう片方の乳首にはしゃぶりつきます。
抱き寄せてハグをすると、自慢の頬袋のような頬っぺたの感触が柔らかくて気持ち良い!
至近距離で見つめてみると、目を閉じてキスをしてくれました。

超至近距離で見ると、瞳が本当にキラキラとしていて吸い込まれそうでした。
普通にカワイイルックスの女の子でおっぱいのサイズも大きく、何より会話が楽しかったので十分に満足できました。

セーラー服がぴったりな田舎上京娘

続いて二人目の登場です。

先ほどよりも若く、セーラー服のコスチュームを身にまとったRちゃん。
茶色の髪の毛が方ぐらいまであり、毛先を内側にカールしています。
瞳が真ん丸で大きくぱっちりとしているのが印象的です。
「佐々木〇に似てない?」
「えー、ほんとですか?初めて言われましたー!似てるとは思わないけど出身地は一緒です。」
「え?どこなの?」
芸能人の出身地まで覚えるようなミーハーではないので、出身地と言われても全くピンこない僕に恥ずかしそうな表情をしながら、「秋田なんです」と答えるRちゃん。

「へー、佐々木〇って秋田出身なんだ?知らなかったー。秋田美人って言うけど、佐々木〇といい、Rちゃんといいやっぱり美人さんが多いんだね。」
「えへへwありがとうございますw」
「秋田って雪がめっちゃ降るんじゃない?すっごく寒そうだよね?」
「外は寒いからほとんど出ないんですよ。その代わり防寒対策はバッチリだから、家の中はポッカポカなんですよねー。
真冬でも暑いくらいだから、すっぽんぽんで過ごす人もいるんですよー」
思いもよらずRちゃんの方から下系のワードが出てきたので、エロトークを掘り下げていく。

田舎で外にあまり出ることなく、カップルでもインドアデートなどが多いことから、意外とエッチの頻度が多いなのだとか。
初体験も中1の頃には済ませていたらしく、会話だけでどんどん興奮いきます。

「それじゃエッチ好きなんだ?」
「嫌いじゃないかなー」
「たまに無性にしたくなるときってない?」
「あるよー」
「そういうときはどうしてる?」
「誰でもいいからってのは嫌だから、自分で処理しちゃうかなwマイローター持ってるしw」
下ネタにも嫌な顔ひとつせず、むしろノリノリでついてくるRちゃんの性格はかなりオッサン受けすること間違いなしです。

会話も面白いし、リアクションもカワイイ
しかもルックスは最高レベルに美人で若いということなしです。
エロトークで十分にテンションが上がったところでダウンタイムに突入。
Rちゃんは自然とひざの上に跨ってきて、いきなりのディープキス。

唇も柔らかかったですが、舌づかいがすごかった!
さすがは経験が早いだけあって、テクニックも持っています。
唇は密着させたままで舌だけが絶妙に絡みつくディープキス。
肝心のおっぱいのことも忘れ、しばらくの間キスを楽しみます。

こちらの舌づかいを決して邪魔をしないようにしながら、しっかりと絡めてくる舌づかいにすっかりメロメロになってしまいました。
思い出したようにちょっと隙間を空けると、セーラーコスチュームを上にまくりあげて、おっぱいを見せてくれます。
スレンダーなので期待はしていませんでしたが、形の良い小ぶりなおっぱいとご対面です。
感度は抜群で普通に揉んでいるだけでもビクビクと良いリアクションをしてくれます。

おっぱいにしゃぶりついて、揉んで吸ってを繰り返していましたが、やっぱりあのキスの良さが忘れられず、再び抱き寄せディープキス。
カチコチの股間をしっかり股でスリスリとしてくれるサービス精神の良さは最高でした。
ミニスカのセーラーコスでその下はパンティだけなので、ズボン越しでも茂みの感触が感じられて最高に興奮しました。
思わず下の方にも手を伸ばしたくなってしまいましたが、ここは下のお触りは厳禁なお店なのでぐっと我慢してRちゃんとの濃厚なひと時が過ぎていきました。

セーラーだけじゃない!いろんなタイプのコスと女の子が揃うハイスクールラバーズは熱い!

清瀬のような都心とは違うローカルエリアの繁華街でこんなにレベルの高い接客を受けることができるとは想像もしていませんでした。
ハイスクールと名前に入っているので、セーラーコスをまとっている女の子だらけなのかと思いきや、ちゃんとドレスを着ている女の子もいたりと、バラエティ溢れる店内は活気があって良かったです。
意外とこれからの夜遊びは都心よりも郊外の方がねらい目かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました