エリアトップクラスは伊達じゃなかった!吉祥寺CANDYはSSS級キャストが多い店

吉祥寺

渋谷の喧騒を離れてまったりしようとふらりと立ち寄った吉祥寺ですが、街行く若い女の子たちを見ていると、なんだかムラムラとしてきてしまい、エッチ系のお店に行くことにしました。
南口でフラフラとしていたのですが、吉祥寺でこの手のお店といえば、北口側に集中しているので、歩くのが面倒だなと思っていたんです。
スマホでリサーチすると、南口唯一のセクキャバということで吉祥寺CANDYが宣伝されていたので、せっかくだからCANDYを覗いてみることにしました。

格安コースから高級ルームまで完備

CANDYは料金システムがランク分けされているというか、通常の席の他にもボックス席になって女の子との二人だけの空間といった工夫がされているVIP席
他にもスイートルームというスペシャルな席が用意されていて、それぞれ利用料金が違っているというシステムになっていました。
僕の場合は、初来店でそこまでお金に余裕がなかったので、初来店でフリーということで新規客専用のクーポンを利用し、40分3000円という価格で遊べることになりました。

ちなみにスイートまでになると、女の子との添い寝サービスも受けられるようです。
CANDYの店内ですが、白いロングシートのようなものの中央に黒い色のついたてが設置されているので、周辺の視線は普通の席でも見えないような工夫がされています。
他にも前述にもあるようにVIP席と思われる通常のキャバクラでいうところもボックス席のような席が数席用意されており、スイートルームと呼ばれている完全個室スタイルの席が用意されているので、キャパシティは広めだと思います。

ルックスもサービス精神もSSS級

席に案内され、待っていると極上ルックスの持ち主であるYちゃんが登場してくれました。
普通に芸能人と言われても違和感がない整った顔立ち。
全部のパーツが小さく、細くて守ってあげたいという男の本能を無意識に刺激されるルックスと雰囲気の持ち主でした。

「こんばんわー。初めまして。」
「いやー、めちゃくちゃ可愛いねー。すごく人気あるでしょ?」
「他の女の子のレベルがもっと高いので人気ない方なんですよ、私」
ルックスがカワイイとこんな普通の応対でも「性格がいいなー」と思ってしまうのが不思議なところです。
会話もそこそこにあまりにルックスが好みだったということもあり、早くエロいことをしたいなと興奮を抑えられず「このお店はボディタッチとかしちゃっても平気?」と聞いてみると、「大丈夫ですよー。」と受け入れ態勢を作ってくれるYちゃん。

横に座らせて、腰の部分を引き寄せたのですが、ウエストがとっても細くてびっくりしました。
その割にはバストはある程度ボリュームがあり、ドレス越しでも形の良さを感じるDカップくらいの丁度良い大きさです。

ドレス越しに乳首の辺りを刺激しながら、「ここは感じる?」と聞くと、恥ずかしそうにしながら「んー、まぁまぁって感じかなぁ」と笑顔を見せてくれるYちゃん。
「それじゃここはどう?」と彼女の股間を指差してみると、「そこはめちゃくちゃ敏感かもw」と答えてくれます。

「ここは触っちゃダメ?」と聞くと、「うーん。ちょっとダメかなぁ」とYちゃん。
「それじゃおっぱいは直接見ちゃダメなの?」と聞いてみると、「それはもうちょっと後でね」と耳元で囁かれます。
ちょっと残念そうな態度をあからさまに見せてアピールすると、顔を急接近させてきて、唇を奪われます
突然のアクションにきょとんとしてると、首に手を回され耳元で「焦らないでゆっくり楽しもう」と言われました。
彼女から漂う上品な香水のニオイと柔らかい肌の感触。

甘いトーンの囁き声に腰が抜けるほど骨抜きにされてしまった僕でした。
間近で見ると、本当にカワイイ顔立ちでパッチリとした二重の瞳がキラキラと輝いています。
ボディタッチをお互いにしながら、キスを時折楽しみ、いちゃいちゃとした時間を過ごします。
「キスしたら喉が渇いちゃった」というのでドリンクをオーダー。

クーポン割で3000円しか払ってないので、女の子に1杯くらいおごってもという気分でしたし、ヘソを曲げられその後のサービスが淡白になるのも嫌だなと思ったので、気持ちよく奢ることにしました。
そうこうする内にダウンタイムに突入。
彼女は腿の上に跨ってきて、濃厚なディープキスをしてくれます。
ドレスを腰まで下げて念願の生乳とご対面です。

唇から首筋、首筋から鎖骨、谷間、そして乳首という順番で唇を這わせます。
もちろん片方のおっぱいは手でこれでもかというくらいに揉みしだきました。
息遣いが荒くなって子犬のようなカワイイ喘ぎ声が漏れてきます。
「あー、お兄さんすごく上手いー。気持ちいいよー。」
テンションが上がってきたのか、舌づかいも早くなり、腰のグラインドも早くなっていました。
キスと乳首。

股間には衣服ごしでも擦れる感覚を十分に味わってダウンタイムが終了
Yちゃんとは名残り惜しいですが、彼女以上の上物を期待して次の子を待つことにしました。

KPOPアイドルにいそうな極上スタイルの持ち主Sちゃん

次に登場してくれたのは、小柄のYちゃんとは正反対のお姉さん系美人のSちゃん。

KPOPアイドルにいそうなちょっと切れ長の顔立ちと、茶色でウェーブがかったロングヘア。
身長は高く170センチはある感じで、ミニスカから覗く足は丁度よい肉質ながら細いバイスバディとはこのことだと思いました。
「こんばんは。初めましてー。」と頭を下げたときにチェックした胸の谷間はボリューム満点。
横を向いたときの胸のふくらみからも推定Fカップはありそうだなと思いました。
一人目のYちゃんでお店のシステムは分かったので、最初から横に座らせて身体を密着させ、おっぱいを着衣越しで揉んだりしながらイチャイチャタイムを楽しみました。

「エッチするのは好き?」
「んー、嫌いじゃないけど、そこまで積極的じゃないかなー」
「これまで最高に気持ちいいってエッチがあんまりできてないんじゃない?」
「そうかもしれない。なんか恥ずかしいじゃん。何やってんだろ?って冷めちゃうっていうか」
「もしかしてイッたこととはないんじゃない?」
「一人エッチではあるけどね。エッチのときではないかも。」
「へー、一人エッチするんだ?週どのくらいするの?」
「んー、1回くらいじゃないかなwってか恥ずかしいー」

ダウンタイムに向けて、アイドリング用のボディタッチとエロトークは十分にしておきました。
彼女にもドリンクを一杯奢り、そうこうしている内にダウンタイムに突入です。
Yちゃん同様にSちゃんも当たり前のように腿の上に跨ってきます。

ドレスを下げると、想像以上に形の良いFカップバストとご対面。
SちゃんはYちゃんとは違い、自分から積極的にアクションを起こすというよりも完全に受け身といった感じです。
右手で左乳首をコリコリとしながら、右の乳首をコロコロと舌で転がします。
優しく円を描くように揉みながら、じっくりゆっくりおっぱいを責めました。

Sちゃんは喘ぐよりも、声を押し殺して耐えるといったようなリアクション
顔立ちが綺麗な美人さんなので、こういうリアクションをされるとたまりません。
キスをしようと顔を近づけると、トロンとした表情で唇を重ねてくれます。
舌は彼女の方から絡めてきてくれました。

乳首をつまむたびにビクビクと背筋に力が入るSちゃんのリアクションには興奮させてもらいました。

女の子のグレードが高くサービスも大満足

吉祥寺CANDYは、在籍してる女の子のルックス、スタイルのレベルが高くって、サービス精神も旺盛だったので大満足でした。
お金に余裕があれば、指名やランク上のシートでの接客を楽しみたくなるかなりおすすめのお店だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました